■Google検索からご訪問の方へ(2021年9月14日) ログインできない場合は、こちらからどうぞ

2021.08.06 08:34

高知県版ハサップ、JA認証廃止 不適切原料使用を管理者が虚偽説明

 JA高知県のれいほく柚子加工場(長岡郡大豊町)が、基準値を超す塩素酸が検出された原料水を使って清涼飲料水を製造した問題で、県は5日までに加工場に対する食品衛生管理の認証「県版HACCP(ハサップ)」を廃止した。県は昨年10月に基準値超えを把握していたが、製造管理者から「製造には使っていない」と虚偽の説明を受けたという。...

この記事の続きをご覧になるには高新アカウントへの登録もしくはログインが必要です。


ページトップへ