2021.08.01 08:38

浴衣で大正地域を楽しんで 8/30まで、高知県四万十町で街歩きイベント

風車をバックに浴衣姿でたたずむ女性ら(四万十町のJR土佐大正駅前)
風車をバックに浴衣姿でたたずむ女性ら(四万十町のJR土佐大正駅前)

 高岡郡四万十町の大正地域で浴衣を貸し出し、街歩きを楽しむイベント「夏とかざぐるまえきすぽ」が1日から30日まで、JR土佐大正駅前で催される。駅前駐輪場周辺には写真撮影スポットとして、カラフルな風車約150個と風鈴が飾られた。

 町地域おこし協力隊員らが初めて企画。風車は、地域にある轟公園の「石の風車」にちなみ「浴衣で撮影映えする場を」と飾った。

 リハーサルを兼ねた7月31日、駅前で軽食の出店もあり、浴衣姿の女性が涼しげにたたずんだり、親子連れがかき氷を味わったり。企画した隊員の西村咲希さん(28)は「浴衣姿で撮影し、会員制交流サイト(SNS)などで拡散してほしい」と呼び掛けていた。

 貸し出す浴衣は男女とも大人用。着付け込み1人2時間500円(要予約)で、金―月曜の午前10時~午後4時。予約などは大正駅前にぎわい拠点(0880・27・0020)へ。(小林司)

ページトップへ