2021.07.29 08:32

明徳義塾が優勝、2大会連続甲子園へ 高知を5―3で下す 全国高校野球選手権高知大会

21度目の夏の甲子園出場を決め、歓喜に沸く明徳ナイン(春野球場=森本敦士撮影)
21度目の夏の甲子園出場を決め、歓喜に沸く明徳ナイン(春野球場=森本敦士撮影)

 2年ぶりの夏の甲子園出場校は明徳義塾―。第103回全国高校野球選手権高知大会最終日は28日、高知市の春野球場で明徳―高知の決勝を行い、明徳が5―3で勝って、中止となった昨年大会を挟んで2大会連続21度目の県代表となった。...

この記事の続きをご覧になるには高新アカウントへの登録もしくはログインが必要です。


ページトップへ