2021.07.27 08:37

群青とごう音に染まる世界...高知県南国市「瀬戸の滝」

群青色に染まる「瀬戸の滝」。幽玄の世界が広がる(南国市桑ノ川)
群青色に染まる「瀬戸の滝」。幽玄の世界が広がる(南国市桑ノ川)

 群青に染まる山あいを、流水がごう音を上げて勢いよく滑り落ちた。南国市桑ノ川の「瀬戸の滝」。こけむす岩に砕け、水煙のように舞い上がる。

 雨乞い祈願でも知られる落差15メートルの名瀑(めいばく)。日差しが和らぐ曇り時や夕方近く、滝つぼの濃い青と周辺の緑が光に溶け、一帯は独特の色合いに包まれる。

 〈滝落ちて 群青世界 とどろけり〉。俳人、水原秋桜子(しゅうおうし)が詠んだように、自然が織りなす雄大さは美しくもあり、どこか恐ろしくもあり。人々を幽玄の世界へといざなっている。(小笠原舞香)

カテゴリー: 高知のニュース季節・気候香長

ページトップへ