2021.07.27 08:36

ブドウ狩り&カフェで充実体験!高知県大月町の観光農園、8月から

ブドウ園に完成したカフェ(大月町の観光農園「わっはっは!」)
ブドウ園に完成したカフェ(大月町の観光農園「わっはっは!」)
 夏のブドウ狩りシーズンを控えた幡多郡大月町芳ノ沢の観光農園「わっはっは!」(吉尾三重社長)にこのほど、カフェが完成した。ブドウ狩りを始める8月1日にオープン予定で、関係者は「町内観光の拠点になってほしい」と話している。

 農園は2009年にオープン。例年多くの来園者を集める一方、近隣には飲食店が少なく、食事スペースを求める声が多かったという。カフェは園内にあった倉庫(約40平方メートル)を改装。店内とテラスを合わせ計24席を設けた。

 今月中旬には、従業員の知人らを招き試食会が開かれ、メニューのパスタやハンバーグ、カレーなどが並んだ。栄養素を失わないよう、非加熱で搾った自家製ブドウジュースも出され、「こんなに濃いジュースは初めて」と驚きの声も上がっていた。

 吉尾航専務(30)は「大月を訪れた観光客が、気軽に立ち寄れる場所にしたい」。ブドウ狩りは9月中旬までだが、カフェは通年で営業するという。

 ブドウ狩り、カフェとも午前9時~午後4時。農園は約60アールのハウスでシャインマスカットやピオーネなど18種を育てており、利用者は摘み取った分だけ購入する。1キロ当たり千~1700円。問い合わせは、吉尾社長(090・4338・7696)へ。(新妻亮太)

ページトップへ