■Google検索からご訪問の方へ(2021年9月14日) ログインできない場合は、こちらからどうぞ

2021.07.26 08:35

ただ今修業中 森林アスレチック施設インストラクター・大崎健司さん(21)津野町

滑空途中で止まってしまった女性客をレスキューする大崎健司さん(津野町芳生野乙のフォレストアドベンチャー・高知)
滑空途中で止まってしまった女性客をレスキューする大崎健司さん(津野町芳生野乙のフォレストアドベンチャー・高知)
「楽しかった」聞きたくて
 標高600メートル近い高岡郡津野町の山奥。開けた谷には歓声と、時折悲鳴が響く。今年3月、県内で初めてオープンした森林アスレチック施設「フォレストアドベンチャー・高知」。谷を渡した300メートル以上のワイヤでの滑空など、数々のアトラクションで注目を集めている森の中が仕事場だ。

 「ぎゅっと締めるので、痛い時は言ってください」

 そう声を掛け、訪れた人の足腰にハーネスと呼ばれる安全ベルトをがっちり装着する。多くの人はアトラクション初体験。レジャーとはいえ、不安げな表情をのぞかせることも多い。

 「高いところは大丈夫ですか? 僕も苦手だったんですよ」...

この記事の続きをご覧になるには高新アカウントへの登録もしくはログインが必要です。


ページトップへ