2021.07.24 08:43

東京五輪で裏方務める高知県関係3人 ビーチバレー審判・里見さんら「選手輝く環境を」

「選手が全力でパフォーマンスを発揮できる場を一緒につくりたい」と話す里見真理子さん (高知新聞社=反田浩昭撮影)
「選手が全力でパフォーマンスを発揮できる場を一緒につくりたい」と話す里見真理子さん (高知新聞社=反田浩昭撮影)
 23日夜、東京・国立競技場に聖火がともり、開幕した東京五輪。高知県出身選手は女子シンクロ板飛び込みの宮本葉月選手(20)だけだが、本県関係の3人も審判や競技現場役員の裏方で五輪を支える。いずれも出番は24日から。勝敗や試合の雰囲気づくりに関わる大役だけに、緊張感を持って臨む。...

この記事の続きをご覧になるには高新アカウントへの登録もしくはログインが必要です。


ページトップへ