2021.07.23 08:30

TOSA・美術アカデミー卒業生26人の多彩な90作品、かるぽーとで30回記念展

「TOSA・美術アカデミー」卒業生の作品が並ぶ第30回記念展(高知市のかるぽーと)
「TOSA・美術アカデミー」卒業生の作品が並ぶ第30回記念展(高知市のかるぽーと)
 芸術の道に進もうとする生徒たちが学ぶ「TOSA・美術アカデミー」(高知市、下山郁夫主宰)の第30回記念作品展が同市九反田の市文化プラザ「かるぽーと」で開かれている。平面、立体などさまざまな分野で活躍する卒業生の作品90点余りが展示されている。25日まで。

 同アカデミーは高校の美術教諭だった下山が1986年に開設。これまでに千人余りが卒業し、国内外の美術の世界で活躍している。生徒と卒業生が作品を一緒に展示する作品展は91年から毎年開催。今回は卒業生26人が洋画、日本画、彫刻、工芸、立体、染織、ガラス作品などを展示している。...

この記事の続きをご覧になるには高新アカウントへの登録もしくはログインが必要です。


ページトップへ