■Google検索からご訪問の方へ(2021年9月14日) ログインできない場合は、こちらからどうぞ

2021.07.23 08:32

虐待の記憶 県内女性の体験から(2)夏休み、地獄だった

子どもが好きなおもちゃが並ぶAさん宅(高知県内)
子どもが好きなおもちゃが並ぶAさん宅(高知県内)
無言で受けた暴力
 親のネグレクト(育児放棄)や暴力など激しい虐待を受けて育った県内在住のAさん(30代)。現在2人の子どもを育てながら「自分も育ち直しをしている」というAさんの思いを、さまざまな記憶の断片とともに紹介する。

 小学生の時、先生が「朝ご飯食べてきましたか?」とみんなに質問したことがありました。「食べましたー」とほかの人と同じように手を挙げましたが、「朝ご飯って、何を食べるんやろう?」と思っていました。

 私は親にご飯を作ってもらったことがほとんどなく、朝ご飯を食べたこともなかった。でも、「食べてない」とは言えませんでした。恥ずかしいし、親に連絡されて「お前、こんなこと言うたやろうが!」と大変な目に遭う。...

この記事の続きをご覧になるには高新アカウントへの登録もしくはログインが必要です。


ページトップへ