2021.07.23 08:39

【動画】ウルトラマン列車GO!JR予土線で運行開始 海洋堂とコラボ


JR予土線で運行する列車「ウルトラトレイン号」の出発式(四万十町の窪川駅)
JR予土線で運行する列車「ウルトラトレイン号」の出発式(四万十町の窪川駅)

 高知県高岡郡四万十町打井川の海洋堂ホビー館四万十の開館10周年を記念した「ウルトラマンフィギュア展」の開幕に合わせ22日、JR予土線でラッピング列車「ウルトラトレイン号」が運行を始めた。

 列車は、ウルトラマン展PRと予土線の利用促進のため、同町や県などでつくる県予土線利用促進対策協議会と海洋堂などが企画。窪川―宇和島間を毎日運行し、窪川駅午後2時23分着、午後5時40分発。発着の間は駅や周辺で列車を見ることができる。

 この日の出発式では、中尾博憲町長や中平正宏・四万十市長、海洋堂の宮脇修一専務らがテープカット。親子ら約25人がうれしそうに乗り込み、ホームに現れたウルトラマンの合図で出発した。運行は来年5月ごろまでの予定。

 各駅などではスマートフォンの専用アプリで拡張現実(AR)技術を使ったスタンプラリーを実施。約70カ所の観光施設や飲食店を利用しポストカードを集めると、枚数に応じグッズがもらえるイベントも始まった。(小林司)

ページトップへ