2021.07.23 08:40

「竜とそばかすの姫」越知町の浅尾沈下橋にぎわう 五輪連休スタート、高知県内好天

のんびりと映画の舞台を楽しむ家族連れら(越知町の浅尾沈下橋)
のんびりと映画の舞台を楽しむ家族連れら(越知町の浅尾沈下橋)
 東京五輪開幕に伴う4連休が22日、始まった。高知県内は好天に恵まれ、外遊びを楽しむ人の姿があちこちで見られた。公開中のアニメ映画「竜とそばかすの姫」のロケ地となった高岡郡越知町の浅尾沈下橋には、県内外の家族連れやカップルが続々。「映画と同じね」「のんびり。落ち着くわあ」と〝聖地〟を堪能した。

 香川県丸亀市から妻と訪れた会社員、渋田亮平さん(28)は「映画がなかったら来ていなかった。勝手に親近感を持ってます」。松山市の会社員、和気直美さん(24)は三脚を据えて映画のシーンと同じ構図で撮影。「めちゃくちゃきれいな。映画で見るより本物の方がいい」。カップルでマスクを外し、ピースサインで写真に納まっていた。

 同町職員によると、この日訪れたのは324人(午前8時半~午後5時半)。前日は111人で「早くも3倍。想像以上に来てうれしい。どれだけ増えるんでしょう」。期待と混雑への不安を口にしていた。

 近くの鎌井田簡易郵便局では、飲み物や映画とタイアップしたアイスなどを販売中。佐野友子局長(52)は、「これを機に、高知の過疎の現状なども知ってもらいたい。いい思い出を持ち帰ってほしい」と話していた。(楠瀬健太)

ページトップへ