2021.07.16 08:37

土佐湾沖に赤い稲妻 夜空切り裂く雷を撮影 高知市

停泊する船の上空で赤い雷が光った(15日午前1時ごろ、高知市浦戸の花海道から東を望む。長時間露光で撮影)
停泊する船の上空で赤い雷が光った(15日午前1時ごろ、高知市浦戸の花海道から東を望む。長時間露光で撮影)

 夜の闇を切り裂くように、幾筋もの赤い稲妻が走った。14日夜から15日未明にかけて、土佐湾などで発生した雷雲が放電する様子を高知市浦戸の花海道で撮影した。

 高知県内は10日から上空の寒気や湿った空気の影響で、大気が非常に不安定な状態が続いている。気象庁のレーダーによると14日夜も、同市の南約100キロの太平洋上や室戸岬の東の海上に発達した雨雲があり、強い雨と落雷が観測されていた。

 雷鳴は高知市の花海道までは届かなかったものの、東の沖合の雲が不気味に光り続け、時折、光の筋が縦に横にと走った。

 雷は、積乱雲などが持つ発電作用で起き、電圧は1億~10億ボルトとも。高知地方気象台は「数時間も光り続けていたのは相当、大気が不安定ということ。陸上でも起こりえる」。16日も引き続き、落雷や竜巻などの激しい突風に注意が必要としている。(森本敦士)

ページトップへ