2021.07.15 08:35

高知に縁 若手7作家躍動 香美市立美術館「アートアニュアル」

会場の中央につられた筒井美夏の「見えているか、聞こえているか」(香美市立美術館)
会場の中央につられた筒井美夏の「見えているか、聞こえているか」(香美市立美術館)

58点 多彩な世界観
 高知に縁のある若手美術家7人を紹介する「香美アートアニュアルVol.9―不確かな未来へ」が、香美市立美術館で開かれている。作家が日々心に抱く感動やときめきなどを平面や立体、写真作品として形にした58点を展示。若手ならではの世界観が広がる。8月29日まで。...

この記事の続きをご覧になるには高新アカウントへの登録もしくはログインが必要です。


ページトップへ