2021.07.15 08:40

高知・黒潮町の食品を買える場に 有志発案の商店「Sea56」オープン

早速大勢の買い物客でにぎわった「Sea56」(黒潮町入野)
早速大勢の買い物客でにぎわった「Sea56」(黒潮町入野)

 幡多郡黒潮町の有志が町産の野菜や鮮魚などを取り扱う商店「Sea(シー)56」がこのほど、同町入野にオープンした。「おいしい地元の物が買える場に」と設けた店で、早速多くの買い物客が訪れた。

 立ち上げたのは、同町田野浦の野並由美子さん(65)ら7人。町にどんな物が欲しいか、度々話し合っていた。

 「仕事帰りの夕方でも地元の新鮮な魚や野菜、総菜を買いたい」「遠出できない高齢者も行きやすい店」―。イメージが膨らむにつれ「いっそ、自分たちで店を作ってみようか」。店の経営は皆初めてだったが、今年2月から構想を練り、4月に国道56号沿いの店舗を契約。それぞれが休日などをやりくりし、知人に内装を頼むなどして開店準備を進めてきた。

 11日はオープンと同時に大勢の買い物客が来店。町産のキュウリやオクラ、佐賀漁港で水揚げされたメジカやサバ、スタッフが調理したドライカレーやスタミナ丼などの弁当や総菜など約300品目の中から、目当ての品を次々に買い求めていた。

 野並さんは「大勢の人が来てびっくり。商品の数もさらに増やし、夕方でも弁当や総菜が増えるようにするので、末永く足を運んでもらいたい」と笑顔を見せた。

 不定休で、午前8時~午後7時。問い合わせは同店(080・8068・9709)へ。(河本真澄)

ページトップへ