2021.07.11 08:25

ちいきのおと(28)桜井町1丁目(高知市) 高知を日本一の「養生県」に

夫婦で漢方薬局開業 140種の生薬並ぶ
 赤、白、黄に紫、茶…。ガラス瓶に入った色とりどりの生薬が、店先にずらり並んでいる。ここは東京から移り住んだ夫妻が、今年5月に始めた漢方薬局だ。2人は口をそろえて言う。「高知を日本一の養生県にしたいんです」
高麗人参や葛根(かっこん)など、数種類の生薬を組み合わせ、煎じ薬を作る金子彰さん(写真はいずれも高知市桜井町1丁目)
高麗人参や葛根(かっこん)など、数種類の生薬を組み合わせ、煎じ薬を作る金子彰さん(写真はいずれも高知市桜井町1丁目)

 薬局は菜園場商店街の西側、住宅街の中にある。店内にはジャズが流れ、落ち着いた雰囲気。お香の爽やかな香りが漂う。...

この記事の続きをご覧になるには高新アカウントへの登録もしくはログインが必要です。


ページトップへ