2021.07.11 08:36

障害者50人が職業技能競う アビリンピック高知大会

喫茶サービス部門で接客する出場者(高知市のポリテクセンター高知)
喫茶サービス部門で接客する出場者(高知市のポリテクセンター高知)
 障害のある人が職場や学校で培った技能を競う「アビリンピック高知大会」が10日、高知市桟橋通4丁目のポリテクセンター高知で開かれ、50人が接客やパソコン操作などの課題に取り組んだ。

 障害者の雇用促進などを目的に全国で行われており、高知県では「高齢・障害・求職者雇用支援機構」高知支部が主催。「ワード・プロセッサ」「表計算」など8種目に15~77歳の身体・知的・精神障害者が出場した。...

この記事の続きをご覧になるには高新アカウントへの登録もしくはログインが必要です。


ページトップへ