2021.07.11 08:49

町産のイチゴ、緑茶…かき氷の食べ歩きいかが 高知・佐川町でスタンプラリー、9月末まで

さかわかき氷街道をPRする観光協会の職員ら(佐川町甲の旧浜口邸)
さかわかき氷街道をPRする観光協会の職員ら(佐川町甲の旧浜口邸)

 高岡郡佐川町でかき氷を食べ歩くスタンプラリー「さかわかき氷街道」が10日、始まった。町産のイチゴやブルーベリー、緑茶など、個性豊かな味のかき氷を楽しめる。9月30日まで。

 さかわ観光協会が主催し、今年で3回目。期間中、町内の飲食店や菓子店など5施設が8種類のかき氷を町内5カ所で販売する。

 イチゴシロップの上から地乳のミルクシロップをトッピングしたり、2種類のショウガシロップで刺激的に仕上げたりと、各施設は趣向を凝らした一杯を提供している。

 施設ごとに1個スタンプがもらえ、3~5個集めるとお茶やジャムなど町の特産品セットが当たる抽選にも応募できる。台紙は販売先で配布している。

 この日は同町甲の旧浜口邸でスタートイベントが開かれ、6種類のかき氷が提供された。友人と訪れた高知学園大学2年の小松桐子さん(19)は、トマトシロップのかき氷を食べ「さっぱりしておいしかった。珍しい味が多いのでまた来たい」と笑顔だった。

 問い合わせはさかわ観光協会(0889・20・9500)へ。(楠瀬健太)

 参加施設は次の通り(カッコ内は販売場所)。

 ゑana(佐川まちの駅)▽こじゃんとはたら来家(こや)さかわ(集落活動センター加茂の里)▽おかしの家Repos▽霧生園▽さかわ観光協会(旧浜口邸)

ページトップへ