2021.07.06 08:50

高知への修学旅行、3倍の145校 コロナ禍で関西・中四国が近場選択

修学旅行で焼き物体験をする神戸市の中学生(2020年10月、安芸市)
修学旅行で焼き物体験をする神戸市の中学生(2020年10月、安芸市)

さらに増える見込み
 新型コロナウイルス禍を機に、修学旅行先に高知を選ぶ中四国や関西の学校が急増している。昨年度は前年度の約3倍となる145校が県外から来高し、自然体験などを楽しんだ。本年度はさらに増える見込みで、関係者は「この流れを一過性にせず、リピーターを増やしたい」と勢いづいている。

 昨年は新型コロナの影響で、全国的に春の修学旅行を中止、または秋に延期する学校が続出。実施校も、人気の東京や沖縄などを避けていた。

 高知県地域観光課によると例年、高知県を訪れるのは大阪や東京などの60校ほどで、2019年度は56校だった。...

この記事の続きをご覧になるには高新アカウントへの登録もしくはログインが必要です。


ページトップへ