2021.07.06 08:41

コロナワクチン接種直後に死亡の60代男性、南国市「因果関係は不明」

 南国市は5日、新型コロナワクチンの接種直後に県内の60代男性が意識を失い亡くなった4日の事案は、同市の集団接種会場で起きた、と発表した。関係者によると、男性は1回目の接種で、基礎疾患があったという。市は「接種と死亡の因果関係は不明」としている。

 会場は同市前浜の市立スポーツセンター。男性は4日午前、ファイザー製ワクチンを接種し、隣接する経過観察ブースでいすに座っていた際に意識を失った。居合わせた接種者によると、「ドンッ」という大きな音がして振り向くと、男性がうつぶせの状態で床に倒れていたという。...

この記事の続きをご覧になるには高新アカウントへの登録もしくはログインが必要です。


ページトップへ