2021.07.05 08:38

コロナワクチン接種直後に60代男性死亡 高知県内会場で倒れる

 高知県内で4日、新型コロナワクチン接種を受けた60代の男性が会場で倒れ、搬送先の病院で亡くなったことが分かった。関係者によると、男性は搬送時に心肺停止の状態だったという。

 接種会場で心肺停止になった事例は県内で初めて。関係者によると、男性は同日午前、65歳以上を対象としたファイザー製ワクチンの集団接種を受け、経過観察中に意識がなくなった。男性は救急車で病院に搬送されたが、死亡が確認されたという。...

この記事の続きをご覧になるには高新アカウントへの登録もしくはログインが必要です。


ページトップへ