■Google検索からご訪問の方へ(2021年9月14日) ログインできない場合は、こちらからどうぞ

2021.07.05 08:32

高知・黒潮町の葉タバコ高品質、2019年産は全国最高値 土壌と日照に生産者自信

道路建設で環境変化懸念8月初旬まで続く葉タバコの収穫作業(黒潮町入野)
8月初旬まで続く葉タバコの収穫作業(黒潮町入野)

 幡多郡黒潮町産の葉タバコが高く評価されている。2019年産の買い取り価格は全国320超の産地中トップで、20年産も3位。「素晴らしい環境の農地に恵まれた」と生産者が胸を張る一方で、計画中の道路建設による栽培環境の変化を懸念する声も上がっている。

 四国たばこ耕作組合(高松市)によると、高知県内最大の葉タバコ産地は幡多郡大月町で、耕作面積2720アール。黒潮町は2番目の1820アールで、9人が栽培する。このほか南国市や安芸市、四万十市、高岡郡四万十町などでも育てられている。...

この記事の続きをご覧になるには高新アカウントへの登録もしくはログインが必要です。


カテゴリー: 高知のニュース農業幡多

ページトップへ