■Google検索からご訪問の方へ(2021年9月14日) ログインできない場合は、こちらからどうぞ

2021.07.04 08:32

高知・大川村が「人口最少自治体」脱出 366人、奈良・野迫川村を8人上回る

 総務省が発表した2020年国勢調査の速報値で、土佐郡大川村が離島を除いた人口最少自治体を脱したことが3日までに分かった。20年10月1日現在の人口は366人で、奈良県野迫川(のせがわ)村の358人を8人上回った。

 かつて白滝鉱山で栄えた大川村は、ピークの1960年に人口4114人を記録。その後は鉱山の閉鎖や早明浦ダムによる中心部の水没、過疎高齢化などで減少し、2005年調査以降は離島を除く自治体で全国最少となっていた。...

この記事の続きをご覧になるには高新アカウントへの登録もしくはログインが必要です。


カテゴリー: 高知のニュース行政嶺北

ページトップへ