2021.07.04 08:38

旧家地川小が地域拠点に 四万十町の宿泊所・集活センターが完成

家地川小校舎を改修した家地川地域活性化拠点施設(四万十町)
家地川小校舎を改修した家地川地域活性化拠点施設(四万十町)
 高岡郡四万十町家地川に町営簡易宿泊施設と集落活動センターを備えた家地川地域活性化拠点施設が完成した。旧家地川小学校を活用した施設で、4日に開所式を行い、全面オープンする。

 施設1階は集落活動センター「けやき」が入り、宿泊者に提供する朝食の調理場や食堂も。食品や日用品を扱い、誰でも利用できる地域コンビニ(午前9時~午後5時)などを備える。

2階の簡易宿泊施設に備えた洋室
2階の簡易宿泊施設に備えた洋室
 2階は簡易宿泊施設で、長期滞在用の洋室2部屋(大人2人用、1人1カ月2万円)と短期滞在用の和室6部屋(大人3~4人用、1人1泊3500円)を完備。いずれも広さ6~7畳で観光や合宿、帰省時などの利用を見込んでいる。

 総事業費は1億3100万円。運営は当面、地元住民ら約70人で昨年5月に設立した任意団体「四万十オルモ組合」(山田隆俊会長)が担う。

 家地川地区は四万十川沿いの2集落(野地、家地川)で、93世帯196人(5月末時点)が暮らす。同町の集活センターは3カ所目。

 山田会長(48)は「施設を活用し地域の交流を広げたい。祭りやイベントなども企画したい」と話している。宿泊予約など問い合わせは同拠点施設(090・9725・6187)へ。(小林司)

カテゴリー: 観光高知のニュース地域おこし高幡

ページトップへ