2021.07.03 08:33

四万十市がコロナワクチン654回分を廃棄、冷凍庫に戻し忘れる

 四万十市は2日、米ファイザー製の新型コロナウイルスワクチン109瓶654回分を、市職員のミスで廃棄したと発表した。

 市によると、診療所へ配送するため職員2人が同日午前、庁舎内の超低温冷凍庫からワクチン1箱を取り出し86瓶を抜き取った。冷凍庫は1度開閉すると数分は開かない。取り出した箱には109瓶が残っていたが、冷凍庫がすぐに開かなかったため、担当者は冷凍庫の上に箱を置いて別の業務に従事し、戻し忘れた。箱は3時間40分ほど放置されていた。...

この記事の続きをご覧になるには高新アカウントへの登録もしくはログインが必要です。


ページトップへ