■Google検索からご訪問の方へ(2021年9月14日) ログインできない場合は、こちらからどうぞ

2021.06.22 08:29

車いすラグビー 池透暢選手(高知市)が東京パラ五輪出場へ

 日本車いすラグビー連盟は21日、東京パラリンピック代表に、池透暢(ゆきのぶ)(40)=高知市、日興アセットマネジメント=を主将とする12人を選出した。高知県勢の東京パラ内定者はカヌーの小松沙季、バドミントンの藤原大輔に続いて3人目。

■関連記事
池「目標は金」車いすラグビー主将、東京パラへ「最高のプレー届ける」

 車いすラグビーは、2016年のリオデジャネイロ大会で初の銅メダルを獲得。18年の世界選手権では初の金メダルをつかんだ。オーストラリア、米国と並ぶ、世界3強の一角に名を連ねており、東京パラでもメダル獲得が期待されている。...

この記事の続きをご覧になるには高新アカウントへの登録もしくはログインが必要です。


ページトップへ