2021.06.16 08:35

【地震新聞】防災アプリに親しんで 高知県版2.9万人 市町村も次々 高齢者の使い勝手が鍵

県民に広がりつつある防災アプリ。高齢者らも挑戦中(津野町)
県民に広がりつつある防災アプリ。高齢者らも挑戦中(津野町)
 スマートフォンの普及に伴い、自治体が地震や大雨などの災害情報を伝える「防災アプリ」の利用も広がっている。高知県内では宿毛市が5年前に初めて独自のアプリを導入し、県や他の自治体も次々と参入。通信アプリ「LINE(ライン)」を使って情報発信する自治体も出てきたが、県内にはスマホに不慣れな高齢者も多い。効果的に防災情報を得るために、どう使えばいいだろうか。 

 宿毛市のアプリ導入は2016年。翌17年に高岡郡四万十町が続き、20年には県が県版アプリを開発した。今年に入り、吾川郡いの町も導入。行政以外にも、NHKやヤフーなどが「防災」機能のあるアプリを次々と開発している。...

この記事の続きをご覧になるには高新アカウントへの登録もしくはログインが必要です。


ページトップへ