2021.06.13 08:37

ちいきのおと(24)愛宕町2丁目(高知市)戦前からの“ホームセンター” めまい覚える品ぞろえ 広松百貨

日用雑貨などがぎっしり詰まった店を営む=右から=広松艶子さん、敬朗さん、里香さん(写真はいずれも高知市愛宕町2丁目)
日用雑貨などがぎっしり詰まった店を営む=右から=広松艶子さん、敬朗さん、里香さん(写真はいずれも高知市愛宕町2丁目)

客に寄り添い提供
 愛宕商店街で異彩を放つ店がある。JR土讃線の線路の少し北側にある「広松百貨」。店内には金物や日用雑貨がぎっしりと並び、看板には「くらしのセンター」の文字。戦前から続く、県内ホームセンターの先駆け!?

 バケツ、たらい、竹ぼうき、バッグ、座椅子にシルバーカー…。天井からも、特大のやかんやネズミ捕り、三度がさなどがつるされている。調理器具や園芸用品、敷物までが所狭しと並ぶ。一見客が欲しい商品を見つけるのは至難の業。想像を超える品ぞろえだ。...

この記事の続きをご覧になるには高新アカウントへの登録もしくはログインが必要です。


ページトップへ