2021.06.10 08:31

廃校を芸術家の滞在創作拠点に 高知・大月町、旧小才角小を改修

アートを中心にした滞在施設へ改修が予定されている旧小才角小学校(写真はいずれも大月町小才角)
アートを中心にした滞在施設へ改修が予定されている旧小才角小学校(写真はいずれも大月町小才角)
 幡多郡大月町が、2001年に休校し、その後廃校になった同町小才角の旧小才角小学校を芸術家らの滞在創作拠点にしようと、今秋にも改修に取り掛かる。町は「芸術を通じた交流人口拡大につなげたい」とし、来春の開所を目指している。

 同町では5年ほど前から、民間団体が中心となって児童へのアニメ教育を推進。海外の講師を招いたデッサン教室なども開かれ、芸術を通じた交流が広がりつつある。一方で町を訪れる芸術家からは「滞在制作できる拠点が欲しい」との声も上がっていた。...

この記事の続きをご覧になるには高新アカウントへの登録もしくはログインが必要です。


カテゴリー: 高知のニュース地域おこし幡多

ページトップへ