2021.06.08 08:32

コロナ給付金虚偽申請30人か 指南の男を詐欺容疑で再逮捕 高知県警

 新型コロナウイルス対策の持続化給付金を巡る高知県内の不正受給事件を捜査している県警は7日、虚偽申請を指南した詐欺容疑で本籍大阪市の住所不定、自営業、A容疑者(43)=詐欺罪で起訴済み=を再逮捕した。県警はこれまで立件した虚偽申請者21人(累計約2100万円)に加え、県内容疑者グループに指南を受けた者が県内外でさらに10人ほどいるとみて捜査している。...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


ページトップへ