2021.06.06 08:45

豊漁カツオ安さ期待外れ? 高知県内、浜値落ちても経費変わらず

鮮やかな色合いの高知産カツオ。味も、漁模様も、価格も、さまざまなのが魅力!?
鮮やかな色合いの高知産カツオ。味も、漁模様も、価格も、さまざまなのが魅力!?

「ゴシ」多く、いい魚取り合い
 5月31日の高知新聞1面で報じた「沿岸カツオ価格暴落 豊漁なのに…需要低迷」の記事に対し、各所からさまざまな反響が届いた。「漁師さんがかわいそう。何とかしちゃらないかん」「どんどん食べて応援したい」という声の一方、「スーパーに買いに行ったが、期待してたほど安くなかった」という声も。確かに店に並ぶカツオの値は、安くはなったものの、〝暴落〟まではしていない。その理由は…。

 今春の沿岸カツオは近年にない豊漁だが、新型コロナウイルス禍による需要低迷と相まって、魚市場の「平均単価」は例年を大きく下回っている。

 しかし、仲買人や鮮魚商によると、今春はカツオの身が硬く嫌な味や臭いが口に残る「ゴシ」(「ゴリ」「ゲジ」などとも呼ぶ)の割合がかなり多いという。ベテランでも「魚を割るまで分からん」というやっかいな現象。さばいてゴシなら刺し身での提供は諦めざるをえない。

 現場からは「10本仕入れて、10本ともアウト」「40キロ買うて、お客さんに出せるカツオが3分の1もなかった」。苦労と嘆きの声が漏れ聞こえる。...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


ページトップへ