2016.09.01 08:20

【いのぐ】高知の中学生が東日本大震災の被災地レポート<上>

被災地を見つめ、南海地震に備えよう
 高知新聞社は昭和の南海地震から70年の2016年、防災企画「いのぐ」を展開している。取り組みの一つとして、高知県内中学生4人が8月1~3日、東日本大震災の被害を受けた宮城県女川町、石巻市の大川小学校、仙台市若林区の荒浜地区、名取市の閖上(ゆりあげ)地区を見て回った。中学生の目に今の被災地はどのように映ったのか。過去を見つめ、南海トラフ地震に備えるヒントは見つかったのだろうか。...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


関連記事

もっと見る

カテゴリー: いのぐ社会災害・防災


ページトップへ