2021.06.02 08:35

高知県内のアユ漁第2陣解禁 全体的に小ぶりで梅雨明け以降に期待、東洋町・野根川では160匹も 

安田川にも多くの太公望が繰り出した(安田町正弘)
安田川にも多くの太公望が繰り出した(安田町正弘)

 高知県内アユ漁の第2陣が1日解禁され、各河川で待ちかねた釣り人がさおを連ねた。野根川で約160匹を釣り上げた人がいたが、河川やポイントで釣果に差があり、全体的には小ぶり。水温が上がる梅雨明け以降に期待する漁協が多く、愛好家にとって楽しみなシーズンが始まった。

【野根川】下流で160匹も
 野根川漁協によると、下流では約30人がさおを出していた。天然アユは12センチほどの小ぶりだが、早朝から昼まで餌釣りをした人が160匹ほど上げていた。上流~中流の友釣りでは、約20人が平均18センチの良型アユを20匹前後釣っていた。同漁協は「アユの遡上は例年よりも若干少ないが、昨年よりは多い」としている。

【西の川・羽根川】12、13センチ中心
 羽根川淡水漁協によると、羽根川は全域で25人ほどがさおを出していた。下流では12、13センチの小ぶりのアユに18センチの良型アユが交じって25匹前後釣れていた。中流、上流のアユは12、13センチと小ぶり中心。一番多い人が14匹で、他は4、5匹ほど。

 吉良川淡水漁協によると、西の川では釣り人は全体的に少なく、一番釣れている人でも15センチ弱のアユが5、6匹ほど。同漁協は「これから水温が上がってくれば、釣果も期待できる」としている。

【奈半利川】水温上がれば
 奈半利川淡水漁協によると、午前中は約100人がさおを出した。15、16センチが主体だが、小川川では17、18センチ級、野川川では20センチ級も釣れた。中流の和田では3時間ほどで30匹釣った人がいた。同漁協は「水温が低くて釣れんという人がいた。高くなってくれば期待できそう」としている。

【安田川】魚影まずまず
 安田川漁協によると220人ほどが訪れた。型は15センチ前後が主体だが、18~20センチ級も交じった。多い人は35~40匹。同漁協は「釣果は少なめで型も小さめだが、魚影はまずまず濃い。梅雨明けから良くなるだろう」としている。

【安芸川・伊尾木川】畑山で50匹
 芸陽漁協によると、安芸川は畑山から栃ノ木堰(ぜき)にかけて約30人がさおを出した。畑山では50匹前後釣った人もいた。大きさは17センチ程度だった。栃ノ木堰より下流域は釣り人はいなかった。伊尾木川はまだ濁りが取れておらず、支流の小川川などに釣り人が10人程度で、釣果もわずかだった。同漁協は「水温、気温が高くなればもっと良くなるはず」と期待している。

【吉野川】釣り人少ない
 嶺北漁協によると、釣り人は少なく、目立った釣果はなかった。例年、解禁日は控えめで「水温が上がる梅雨明けごろ以降が本番となる」。支流は7月1日解禁。

【鏡川】毛針で50匹
 鏡川漁協によると、鏡川橋付近で8人ほどが毛針釣り。良い人は50匹ほど釣っていた。友釣りは、高知市鏡庁舎から小川口橋までの吉原川で良い人で10匹ほど。サイズは20センチまで。本流は釣り人がまばらでほぼ釣果がなかった。7月1日解禁の鏡ダム上流域は、5月29日の特別採捕で21センチが多数掛かっており、病気などがなければ期待できそう。

【仁淀川】初日では上等
 本流は釣り人が少なかったが、支流の釣果は好調。サイズはほとんどが20センチまでで、長者で75匹、池川で60匹、上八川で50匹ほど釣った人がいた。仁淀川漁協は「初日にしては上等。水温が上がる梅雨明けからが本番になる」としている。

【四万十川中・下流域】支流で80匹超え
 四万十町の大正、十和地域では、本流の水位がまだ高く釣り人は少なめ。昭和地区で人気の三島付近では十数人がさおを出し、1人40匹前後。型は16~20センチが中心。本流の別の場所では25センチも出た。支流の梼原川はやや小ぶりだが、80匹以上掛けた人がいた。一方で、大正地域では数匹~50匹前後と釣果にかなり差がある。四万十川東部漁協は「魚影はかなり見えている。今後、水温が上がれば期待できる」と話す。

 四万十川西部漁協によると、目黒川では多い人で30匹釣れた。15センチほどの小ぶりなサイズが主流だが、18センチを釣った人もいた。黒尊川や本流は場所によって釣り人が見え、「今後さらに期待できそう」という。

 四万十川中央漁協によると、後川などのアユ釣りが本格化するのは8月中旬以降。「上流で豊漁と聞いている。今年も楽しめそうだ」としている。

【松田川】低調な出だし
 松田川漁協によると、明け方から5人ほどがさおを出したが目立った釣果はなかった。15センチ前後の魚影は見えるものの、まだ群れている場所も多そうだという。同漁協は水温と水量は悪くないとしつつ「もう一雨降って新しいこけが付けば、縄張りもできて釣れだすかもしれない」と今後に期待している。(高知新聞取材班)

ページトップへ