2021.06.01 08:33

「出張写真館」始めました、高知新聞カメラマンが思い出の場所で撮影


スナップ、記念新聞に
 高知新聞社は、本社カメラマンが自宅や思い出の場所で写真を撮影する「高知新聞 出張写真館」を始めました。結婚記念日、お子さんやお孫さんの誕生日、スポーツや発表会など、ご家族の大切な日常や人生の節目の日を、写真やオリジナルの記念新聞に残してみませんか。

 「夫婦で記念写真を撮りたいけれど、外出がおっくう」「孫の発表会を形に残したい」。そんな方におすすめの撮影サービスが「高知新聞 出張写真館」。本社のカメラマンが県内どこでも撮影に伺います。

■データお渡し
 商品プランは全部で四つ。ベースとなるのは「スナップ撮影プラン」で、約50枚の写真データをお渡しします。ポーズや場所を変えながら、1~2時間かけて撮影。自然な表情やオフショットを残せます。お宮参りや七五三などにおすすめです。

 本格的な記念写真を撮りたい方には「記念撮影プラン」がおすすめ。背景幕やライティング機材をご希望の場所に持ち込み、スタジオ撮影のような写真に仕上げます。台紙付き六つ切り写真2枚とデータをお届けします。

 1番人気はスナップ撮影と記念新聞がセットになったプラン。撮影に加えて、エピソードを取材し、記事を作成します。「ライトプラン」では記事と写真2~3枚で紙面を作ります。「高知新聞」の題字も入ります。「プレミアムプラン」では裏面をフォトアルバムのようにレイアウト。世界に一つだけの記念新聞に仕上げます。

■成長の記録に
 出張写真館ではこれまで、「お世話になった皆さんに結婚を報告したい」など、要望に合わせたシチュエーションで撮影を行ってきました。

 南国市の中村晃佐さん、真穂さん夫妻からは「わが子の成長記念に」と依頼がありました。昨年11月に生まれた長男、薙斗(なぎと)ちゃんをプロのカメラマンに撮影してもらいたいと考えていましたが、真穂さんは「コロナが流行する中、外出するのが不安でした」。

 撮影は1月に行われ、カメラマンとスタッフの2人が感染対策をした上で、自宅を訪問。薙斗ちゃんは真穂さんのお気に入りの服に着替えたり、ミルクを飲んだり、眠ったり。生後3カ月の今しかない表情をたっぷりカメラに収めました。

 この日は快晴で、屋外での撮影にも挑戦。ぽかぽか陽気の中、お父さん、お母さんに抱かれてスヤスヤと眠る姿も撮影できました。出産時のエピソードや名前の由来を紹介した記事とともに、紙面を彩りました。

 記念新聞を受け取った真穂さんは「すてきな写真がたくさん詰まった記念新聞になりました」。祖父母にも配り、とても喜ばれたそうです。

 新型コロナウイルスの影響で、人と人とのつながりが見直される昨今。今こそ、大切な人との時間を一生の思い出に残しませんか。問い合わせはメディア企画部(088・825・4880、平日午前9時~午後5時)まで。

 ◇ 

 子育て応援ウェブメディア「ココハレ」で詳しく紹介しています。(メディア企画部)

ページトップへ