2021.05.31 08:35

土讃線の観光列車「志国土佐 時代の夜明けのものがたり」乗客1万人突破、JR四国で1番人気

乗客1万人を突破した「志国土佐 時代の夜明けのものがたり」(高知市のJR高知駅)
乗客1万人を突破した「志国土佐 時代の夜明けのものがたり」(高知市のJR高知駅)

 JR土讃線の高知―窪川間を走る観光列車「志国土佐 時代(トキ)の夜明けのものがたり」の乗客が30日、1万人を突破した。昨年7月からの乗車率は82%に上り、JR四国の観光列車で最も人気が高い。同社は「県外客を中心に非日常感が受けている」としている。

 同列車は、坂本龍馬ら幕末の志士が切り開いた時代をテーマに、「蒸気船」と「宇宙船」をイメージした2両編成(定員47人)。昨年7月から土日祝を中心に1日1往復している。全席指定で、地元食材を使った弁当も予約できる。

 昨年12月までの月別の乗車率は90%前後あったが、今年1月以降は新型コロナウイルスの感染再拡大により50~60%に低下。1万人突破は予定より1カ月半ほど遅れたという。

 この日は乗客全員に記念のオリジナル缶バッジを配布。高知駅のホームで駅員らが「1万人達成おめでとう」という横断幕を掲げて祝った。友人と2人で乗っていた高知市内の女性(74)は「景色や食事が良さそうで以前から乗りたかった。まさか1万人達成の日に乗れるとは」と笑顔で話していた。(村上和陽)

カテゴリー: 観光高知のニュース観光

ページトップへ