2016.09.01 08:32

高知市中心部の「お城下文化施設」8館が連携へ

高知城歴史博物館、横山隆一記念まんが館など8施設が連携した「お城下ネット」(高知市の県立文学館)
高知城歴史博物館、横山隆一記念まんが館など8施設が連携した「お城下ネット」(高知市の県立文学館)
 2017年の春に開館予定の高知県立高知城歴史博物館など、高知市中心部の8文化施設が協力して活動しようと8月31日、「高知お城下文化施設の会(通称・お城下ネット)」(会長=渡部淳・高知城歴史博物館館長)を発足させた。各施設が連携したイベント開催、リーフレットの製作を計画している。

 高知城歴史博物館、新図書館複合施設「オーテピア」(2018年夏)の開館を控え、半径1・5キロ以内の近隣施設で相互に情報を発信しようと会が設立された。

 参加するのは県立図書館・市民図書館・高知みらい科学館(オーテピア)、高知城歴史博物館、県立文学館、高知城管理事務所、龍馬の生まれたまち記念館、横山隆一記念まんが館。

 講演会など発足記念行事を11月20日に文学館や高知城周辺で開く▽2017年3月、各施設の展示や催事の年間予定を掲載したスケジュール帳を発行▽毎年11月第3日曜日を「お城下文化の日」に設定し、各施設が特別な催しを行う―などが予定されている。

 この日は文学館で発足会が開かれ、渡部会長が「歴史、文学、漫画、科学、図書と分野の違う館が連携し、商店街の人々とも対話することで新しい文化施設の在り方を模索したい」と抱負を述べた。

カテゴリー: 政治・経済文化・芸能


ページトップへ