2021.05.24 08:40

四万十市の飲食店弁当で食中毒32人 7人ノロウイルス検出

 高知県は23日、四万十市中村一条通2丁目の飲食店が調理・配達した弁当を食べた20~60代の男女32人が食中毒の症状を訴え、従業員を含む7人からノロウイルスを検出したと発表した。県は同店を同日から3日間の営業停止処分とした。県内のノロウイルスによる食中毒は今年初めて。...

この記事の続きをご覧になるには高新アカウントへの登録もしくはログインが必要です。


カテゴリー: 高知のニュース医療・健康幡多

ページトップへ