2021.05.17 08:50

高知競馬の収益配分で綱引き 組合「基金で将来に備え」/ 高知市「地方財政に貢献を」

好業績に伴う収益の配分が焦点になっている高知競馬(1月、高知市長浜宮田)
好業績に伴う収益の配分が焦点になっている高知競馬(1月、高知市長浜宮田)
 好業績が続く高知競馬で、収益の配分を巡る綱引きが激しくなっている。運営に当たる県競馬組合は売り上げの増加に伴い2018年度、36年ぶりに設置者の県、高知市への配分を再開したが、市は内部留保に回る額の多さを挙げて「地方財政にもっと貢献を」と主張。これに対し、組合側は「利益が出ている今こそ、将来の備えを」と訴えている。...

この記事の続きをご覧になるには高新アカウントへの登録もしくはログインが必要です。


カテゴリー: 高知のニュース行政高知中央

ページトップへ