2021.05.16 08:40

コロナワクチンの廃棄防げ 高知県内、自治体がキャンセル対応に工夫

高齢者向けワクチン接種が進む中、県内自治体は廃棄防止に取り組んでいる(コラージュ・竹内宏樹)
高齢者向けワクチン接種が進む中、県内自治体は廃棄防止に取り組んでいる(コラージュ・竹内宏樹)
 高知県内で高齢者向けの新型コロナウイルスワクチン接種が進む中、各自治体は接種者のキャンセルによるワクチン廃棄を防ごうと、さまざまな取り組みを行っている。

 ファイザー社製のワクチンは零下75度前後で保管。解凍後は5日以内、接種のため生理食塩水で希釈した後は6時間以内に使う必要がある。急なキャンセルが出ると、1瓶(6回分)を使い切れないケースも出てくる。...

この記事の続きをご覧になるには高新アカウントへの登録もしくはログインが必要です。


ページトップへ