2021.05.14 08:40

高知県内の温暖化顕著 気温・降水量上昇...「平年値」を気象庁10年ぶり更新

イラスト・松本康裕
イラスト・松本康裕
 気象庁は気温や降水量などの「平年値」を10年ぶりに更新する。地球温暖化などの影響で、高知県内の年平均気温と年間降水量は各観測地点で上昇した。19日から天気予報などに活用される。

 平年値は「平年に比べて―」などと、その時々の気象や天候を評価する基準として使われており、過去30年間のデータを使用する。10年ごとに更新され、2011年からこれまでは1981~2010年の平均値が使われてきた。...

この記事の続きをご覧になるには高新アカウントへの登録もしくはログインが必要です。


ページトップへ