2021.05.11 08:40

室戸の大敷に女性漁師2人目誕生 大阪出身20歳「早く一人前に」

魚の選別作業をする今井仁美さん。終始真剣な表情で黙々と手を動かす(写真はいずれも室戸市室戸岬町の高岡漁港)
魚の選別作業をする今井仁美さん。終始真剣な表情で黙々と手を動かす(写真はいずれも室戸市室戸岬町の高岡漁港)
 室戸市沖の定置網漁で、2人目の女性漁師が誕生した。大阪府枚方市出身の今井仁美さん(20)。4月から高岡大敷株式会社で漁に励み「早く一人前の漁師になりたい」と目を輝かせている。

 幼い頃からペンギンが好きだった今井さん。高校生の時に水族館で働く夢を抱き、専門学校を経て、飼育員として水族館に勤め始めた。

 転機は昨年7月。むろと廃校水族館(室戸市室戸岬町)での研修に参加し、早朝の定置網漁を見学した。そこで目にしたのが、昨年4月に三津大敷組合に採用された女性漁師、岩田梅佳さん(21)の奮闘ぶりだった。

 「小柄な女性が魚をポンポン飛ばしている姿が、とにかくかっこよくて…。女性も働けるんだって、衝撃を受けました」

「早く先輩たちのようになりたい」と笑顔で話す今井さん
「早く先輩たちのようになりたい」と笑顔で話す今井さん
 大阪に戻っても岩田さんや漁師への憧れが冷めることはなく、昨年10月に再び室戸へ。高岡、三津の両大敷で2週間の研修を受け、12月に高岡大敷での採用が決まった。

 大阪では実家の猫と遊び、友達と買い物を楽しむ、ごく普通の女の子だった今井さん。網の修繕、ロープ結びなどの漁師仕事は慣れないことばかりで、船酔いにも苦しめられた。「陸でも海でもあたふたしていて…。失敗と反省ばかり」と頭をかく。

 だが、指導役の細川裕介さん(56)は「覚えが早いし、何より熱心。網の修理も家で練習してきている」と目を細める。小笠原憲一社長も「研修に打ち込む姿を見て、絶対に雇わなければいけないと思った。習熟のスピードは僕よりも優秀」と期待を寄せる。

 室戸に来て1カ月。「先輩たちのように、てきぱきと仕事ができるよう頑張りたい」。温かい先輩漁師に支えられ、小さな背中は少しずつ成長を続けている。(板垣篤志)

ページトップへ