2021.05.10 08:35

サッカー天皇杯 県予選決勝 高知ユナイテッド6連覇 高知大に2―1

【高知U―高知大】前半22分、高知U・吉田のクロスを西村勇(8)=左から2人目=が頭で合わせて先制する(春野球技場=森本敦士撮影)
【高知U―高知大】前半22分、高知U・吉田のクロスを西村勇(8)=左から2人目=が頭で合わせて先制する(春野球技場=森本敦士撮影)
 サッカーの第101回天皇杯全日本選手権県予選(県サッカー協会主催、高知新聞社、共同通信社共催)を兼ねた第26回県選手権最終日は9日、春野球技場で決勝を行い、高知ユナイテッドSCが高知大を2―1で下して6連覇を果たした。

 高知Uは前半22分、右SB田中彰のクロスを左MF吉田が折り返し、FW西村勇が頭で先制。44分には、MF長尾のラストパスを再び西村勇が左足で決めてリードを広げた。高知大は後半6分、ロングボールの競り合いのこぼれ球をMF濃野が拾うと、自ら持ち込んで左足でミドルシュートを決めて1点差に。その後もボールを握る時間をつくったが、ゴールが遠かった。...

この記事の続きをご覧になるには高新アカウントへの登録もしくはログインが必要です。


ページトップへ