2021.05.10 08:41

山北ミカンの寒波被害が深刻、枯死続出で収量13%減か 香南市など

枯れ木が広がるミカン畑(香南市香我美町口西川)
枯れ木が広がるミカン畑(香南市香我美町口西川)

 1月に高知県内を襲った寒波の影響で、「山北ミカン」として知られる香南市特産の温州ミカンの木が相次ぎ枯れている。JA高知県香美地区によると、4月までに約11ヘクタール(約1万3千本)で被害が確認され、半数近くは植え替えが必要だ。今年の収穫量は平年比で約13%減る見通しで、中には半減する農家も。今後の調査でさらに被害が膨らむ可能性もあるという。...

この記事の続きをご覧になるには高新アカウントへの登録もしくはログインが必要です。


カテゴリー: 高知のニュース農業香長

ページトップへ