2021.05.09 08:33

戸波・土佐南が連合チーム初の優勝 中学野球RKC杯 タイブレークで窪川・十川に1―0

タイブレーク9回を完封した戸波・土佐南の辻井翔(天王球場=反田浩昭撮影)
タイブレーク9回を完封した戸波・土佐南の辻井翔(天王球場=反田浩昭撮影)
 中学野球の第66回高知放送杯招待大会最終日は8日、天王球場で決勝を行い、戸波・土佐南がタイブレーク九回の熱戦の末、1―0で窪川・十川にサヨナラ勝ちし、連合チーム初の優勝を果たした。

 戸波・土佐南の辻井翔、窪川・十川の今村の両先発が譲らず、八回から無死一、二塁に走者を置くタイブレークへ突入。九回裏、戸波・土佐南が1死満塁とチャンスを広げ、今橋のスクイズで勝負を決めた。

 窪川・十川は4安打に抑えられ、走塁やバントミスなどもあり本塁が遠かった。...

この記事の続きをご覧になるには高新アカウントへの登録もしくはログインが必要です。


ページトップへ