■Google検索からご訪問の方へ(2021年9月14日) ログインできない場合は、こちらからどうぞ

2021.05.08 08:38

香美市の古民家を親子憩う場に 食堂・カフェ・教室…女性2人が拠点づくり

親子連れがパン作りを体験。カレーと一緒に食べて楽しんだ(写真はいずれも香美市香北町韮生野)
親子連れがパン作りを体験。カレーと一緒に食べて楽しんだ(写真はいずれも香美市香北町韮生野)

 香美市の女性2人が、同市香北町韮生野にある一軒の古民家を、子どもや母親らが憩える場にしようと動いている。2人が時間を変えつつ食堂やカフェを営業したり、協力して親子向けの教室を開いたり。幅広い市民が集まる交流拠点を目指している。

協力してカレーやサラダなどを作る中平麻衣さん(右)と陶山智美さん
協力してカレーやサラダなどを作る中平麻衣さん(右)と陶山智美さん

 古民家を改装し「おすそわけ食堂まど」を営むのは、陶山智美さん(22)=香北町。鳥取県出身で高知大学の学生だった昨年9月、同市土佐山田町に夜限定で同店を開いた。規格外の食材などを活用して定食を提供。毎日、子どもに200円で定食を出していた。...

この記事の続きをご覧になるには高新アカウントへの登録もしくはログインが必要です。


ページトップへ