2021.05.07 16:03

COVID-19の死者は世界で690万人:公式報告の2倍以上

AsiaNet 89397 (0995)

【シアトル2021年5月7日PR Newswire=共同通信JBN】
*IHMEの新たな分析がパンデミックによる真の死者数を明示

ワシントン大学医学部保健指標評価研究所(Institute for Health Metrics and Evaluation、IHME)(https://c212.net/c/link/?t=0&l=en&o=3154429-1&h=1481774819&u=https%3A%2F%2Fwww.healthdata.org%2Fspecial-analysis%2Festimation-excess-mortality-due-covid-19-and-scalars-reported-covid-19-deaths&a=a+new+analysis+by+the+Institute+for+Health+Metrics+and+Evaluation )の新たな分析によると、COVID-19は世界で約690万人の死をもたらした。公式数字が示す2倍以上である。IHMEは、COVID-19の死者がほぼ全ての国で大幅に過少報告されていることを明らかにした。最新分析によると、米国は現在まで計90万5000人以上と、他のどの国よりもCOVID-19の死者が多い。地域別では、中南米、カリブ海、中欧、東欧、中央アジアが死者総数で最も深刻である。この数字はSARS-CoV-2ウイルスを直接の原因とする死者だけで、パンデミックが医療システムやコミュニティーを破壊したことによる死者は含んでいない。

Logo - https://mma.prnewswire.com/media/1156878/IHME_Logo.jpg

IHME所長のChris Murray博士は「COVID-19パンデミックの出現と同様に恐ろしいこの分析は、実際の死者数がかなりひどいことを表している。COVID-19による真の死者数を理解することは、このグローバル危機の重大性評価に役立つだけでなく、対応・復旧計画を練る政策立案者にも有益な情報を提供する」と語った。

▽COVID-19による死者総計の上位20カ国(2020年3月-2021年5月)
国名         COVID-19死者総計     報告されたCOVID-19死者数
米国       905,289 574,043
インド 654,395 221,181
メキシコ 617,127 217,694
ブラジル 595,903 408,680
ロシア   593,610 109,334
英国 209,661 150,519
イタリア 175,832 121,257
イラン 174,177 72,906
エジプト 170,041 13,529
南アフリカ 160,452 54,390
ポーランド 149,855 68,237
ペルー 147,765 62,739
ウクライナ 138,507 46,737
フランス 132,680 105,506
スペイン 123,786 85,365
ドイツ 120,729 83,256
インドネシア 115,743 45,938
日本 108,320 10,390
ルーマニア 87,649 28,382
カザフスタン 81,696 5,620

各国は病院で死亡した者か感染確認の患者だけを報告しているため、COVID-19死者の多くが過少報告されている。多くの国では、脆弱な医療報告システムや医療を受ける機会の少なさがこの問題を大きくしている。

IHMEの分析は、報告されない死者の最大数は、現在まで最も感染が広がった国々に見られるとしている。しかし、感染が比較的少なくても、報告されない死者の比率が大幅増加した国もある。この分析は、これらの国々で想定より広範な感染リスクが高いことを示している。

Murray博士は「多くの国はパンデミック死者の測定に並々ならぬ努力を払っているが、われわれの分析は新しく急拡大する感染症を正確に追跡することがいかに難しいかを示している。本日のリポートがCOVID-19死亡報告のギャップを特定して対処するように各国政府を促すことを望みたい。そうすれば、彼らはより正確にパンデミックのリソースを配分することができる。今後数カ月のパンデミックの動向を予測するIHMEのCOVID-19モデリングは、これらCOVID-19死者総計の推計を基にしている。IHMEモデリングは毎週更新され、covid19.healthdata.org(https://c212.net/c/link/?t=0&l=en&o=3154429-1&h=1376115078&u=https%3A%2F%2Fcovid19.healthdata.org%2Fglobal&a=covid19.healthdata.org )から閲覧できる。

▽方法論
これらの推計は、グローバル規模で疾病負荷を測定するIHMEの長年の方法論に基づいている。Global Burden of Disease(グローバル疾病負荷)の研究は1990年以来、疾病の総犠牲者数を測定している。

IHMEはCOVID-19死者総計について、パンデミック以前の傾向に基づく全原因の予想死者数をパンデミック期間中のあらゆる原因による死者実数と比較して推計した。次に、この“超過死亡”数はパンデミックに間接的に関連する死亡(例えば、医療施設に近づかない非COVID状態の人々)、ならびにパンデミックによって回避された死亡(例えば、移動性低下による交通事故の減少)を除外して調整した。その結果の推定は、COVID-19の原因であるSARS-CoV-2ウイルスに直接起因する死者に限定している。方法論の詳細文書はIHMEのウェブサイト(https://c212.net/c/link/?t=0&l=en&o=3154429-1&h=416192241&u=https%3A%2F%2Fwww.healthdata.org%2Fspecial-analysis%2Festimation-excess-mortality-due-covid-19-and-scalars-reported-covid-19-deaths&a=website )で閲覧可能。

▽保健指標評価研究所(Institute for Health Metrics and Evaluation)について
保健指標評価研究所(IHME)はワシントン大学医学部の独立系グローバル保健研究機関で、世界で最も重要な健康問題について厳格かつ比較可能な測定を提供、それらへの対処戦略の評価を行っている。IHMEは透明性の確保に努めており、政策立案者が国民の健康増進のため、十分な情報に基づくリソースの配分決定を行う際に必要なエビデンスを得られるよう、そうした情報を幅広く利用できるようにしている。

ソース:Institute for Health Metrics and Evaluation

▽問い合わせ先
media@healthdata.org



【URL】:https://kyodonewsprwire.jp/release/202105074611

ページトップへ