2021.05.07 08:50

高知県内で事業承継の相談急増、2020年度は18年度の3倍 コロナ下で将来不安も

支援センター活動強化で需要発掘 
 高知県内事業者が後継者不在などから、事業承継を相談するケースが急増している。県事業承継・引継ぎ支援センター(高知市本町4丁目)によると、2020年度の相談件数は307件で、18年度の3倍に伸びた。支援活動の強化でニーズが掘り起こされたほか、新型コロナウイルス下で事業者の将来不安も高まっているようだ。...

この記事の続きをご覧になるには高新アカウントへの登録もしくはログインが必要です。


ページトップへ