2021.05.05 08:35

四銀6年ぶり本戦狙う 社会人野球日本選手権 四国予選5/7開幕

ノックを受ける投手陣。全国切符獲得へ守りからリズムをつくりたい(四銀グラウンド)
 社会人野球の第46回日本選手権(6月29日~7月14日・京セラドーム大阪ほか)の四国予選が7日、春野球場で開幕する。四国銀行(高知市)が6年ぶりの本大会出場を目指す。新型コロナウイルス対策のため、試合は無観客で行われる。

 予選には四銀のほか、JR四国、アークバリア(いずれも高松市)の計3チームが臨み、1枚の全国切符を争う。7~9日の1次予選は2度の総当たりで、上位2チームが2勝先取方式の2次予選(15、16日・同球場)に進む。四銀は7日10時からJRと、8日10時からアークバリア、13時からJR、9日13時からアークバリアとそれぞれ対戦する。...

この記事の続きをご覧になるには高新アカウントへの登録もしくはログインが必要です。


ページトップへ