2021.05.04 08:25

御田祭粛々、子宝願う 高知・室戸市 コロナで神事のみ

縮小して開かれた御田祭で子宝人形を握り締め、神事に臨む参列者(室戸市の御田八幡宮)
縮小して開かれた御田祭で子宝人形を握り締め、神事に臨む参列者(室戸市の御田八幡宮)
 室戸市吉良川町甲の御田八幡宮で3日、国の重要無形民俗文化財「御田祭」が行われた。激しい子宝人形の奪い合いで知られるが、今回は新型コロナウイルスの影響で、子宝を祈る神事だけが粛々と営まれた。

 鎌倉時代から伝わるとされる御田祭は2年に1度開催。通常は、町内の練り歩きや神社での舞など14演目が奉納され、子宝人形の争奪には県内外の女性が多く参加している。...

この記事の続きをご覧になるには高新アカウントへの登録もしくはログインが必要です。


ページトップへ