2021.05.02 08:27

ちいきのおと(18)本宮町(高知市)もうすぐ100歳 旭西部公民館

大正時代に建てられた旭西部公民館
大正時代に建てられた旭西部公民館

元取水所を活用 おしゃれな「町の文化遺産」
 今も現役で活用されている、大正時代のしゃれた建造物がある。かつて市の取水所として生まれた、旭西部公民館。子どもから高齢者まで、幅広い世代が利用している。

 建築は1925(大正14)年。高さ3メートルほどの石垣の上に立つ、鉄筋コンクリート製の平屋(81平方メートル)だ。

「高知市水道取水所」の文字が見える
「高知市水道取水所」の文字が見える
大正時代の壁の一部も残る
大正時代の壁の一部も残る

 当時の玄関口の上には、石彫りの「高知市水道取水所」の文字がうっすらと見える。外壁のタイルはあちこちはがれ落ち、時間の流れを感じさせる。内部には、ゆるやかなアールを描いた柱や、木製の窓枠が残されている。...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


ページトップへ