2021.05.02 08:38

春季四国高校野球 高知・森木、打者のセンスとパワー チームは「1点勝負」課題

【明徳―高知】4回裏高知1死一、二塁、森木が左越えに本塁打を放ち4―0とする。捕手加藤(レクザムスタジアム)
【明徳―高知】4回裏高知1死一、二塁、森木が左越えに本塁打を放ち4―0とする。捕手加藤(レクザムスタジアム)
<春季四国高校野球 決勝>2日 高知6-2明徳義塾

 高知にとって明徳は、甲子園を目指すには避けて通れない相手。この勝利の意味はもちろん大きいが、夏の決戦でこの日のように攻守がうまくかみ合うとは限らないし、1点を争う勝負になることは、チームの誰もが認識している。
 
 四回に出た森木の3ランは、明徳右腕矢野の外角低めのボールになるスライダーを、泳ぎながらバットに乗せたもの。「直球狙いだったが、体が反応した」という打撃のセンスとパワーには驚くしかないが、夏に全力投球してくる明徳のエースから、同じようなことが果たしてできるのか。...

この記事の続きをご覧になるには高新アカウントへの登録もしくはログインが必要です。


ページトップへ